旭川冬まつり

2012年、日本でもっとも長い雪像雪まつりの歴史を誇る旭川冬まつりでも、スノーコレクティブと共同で、スノーシアターでのみゆき野映画祭が始まりました。

旭川では、毎年2月の5日間、スノースクリーンでの映画上映が行われます。



旭川冬まつりスノーシアターの特徴

斑尾と旭川、日本の2つのスノーシアター。
それぞれの土地の特長が生かされています。

長野県斑尾高原は、日本の豪雪記録をもつ地域で、さらに本州随一のパウダースノーを誇ります。
そのため、スノーシアターも、真っ白な、どこまでも真っ白な、白い輝きが見事です。
気温は比較的暖かいため、映画上映は1夜限定のスノーシアターです。
旭川は1902年1月25日に旭川地方気象台で-41.0度の日本最低気温の記録を持つ地域。
その寒さゆえ、スノーシアターも溶けることなく、1週間近く映画を上映することができます。
みゆき野映画祭スペシャル
 
 
 
スポンサー